スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品単デッキ -Ⅳ,Ⅴ,TA-

思ったより組むのが楽しい!ってことでいろいろレシピ作ったので公開。

レギュレーションちゃんと確認してないので、なんか間違えてるかもです。

強さ的にはtier1には勝てないけど、デッキにはなってるくらい

火水4

50
2コスパロム 3
4コスパロム 3
ルビカンテ 6

イザヨイ 3
2コスポロム 3
4コスポロム 3
ローザ 3
カイナッツォ 2

2段セシル 3

リヴァイアサン 3

バックアップ
赤魔導師 3
ルカ 2
3コステラ 3
4コステラ 1

守護騎士 3
魔界幻士 3
れおノーラ 3


とりあえず強そうな火水で無理矢理枠埋めた感じです。
Sアビが上手い具合に噛み合えば強そう



FF5火雷イミテ

50
4コスエクスデス 3
6コスエクスデス 3
ライトニングイミテ 3
エクスデスイミテ 3
ケルガー 3
3コスギルガメッシュ 3
4コスギルガメッシュ 3
4コスSギルガメッシュ 2
ギルガメッシュイミテ 1

バーサーカー 3
ウォーリアオブライトイミテ 2

バッツ 1
ドルガン 1

砲撃士 1
アシスト赤魔導師 3
アシスト吟遊詩人 3

アシスト砲撃士 3
砲撃士 3
アシスト黒魔導師 6


エクスデスが強いのでそこを活かす構築。
助っ人枠にイミテーションを9枚突っ込んでみました。

早いうちにパワーライン高めのカードを並べてゴリゴリ殴りに行きます。
アシストが噛み合ってるのが地味に強いです



火氷TA

バブズ 3
ソルジャー 3
ルッソ 6
バサカ 2

ユエン 3
ふぇんサー 3

マーシュ 3

マティウス 6
イルルヤンカシュ 3
ヌマニュウドウ 2


緑魔導師
時魔道士 2
曲芸士 2
ハーディ 3
ドネッド 1

モンブラン 3
幻術士 2
忍者 3

バブズルッソマティウスに惹かれて組んだ火氷。

バックが多いので、そこ以外に助っ人が使えるのがポイント。
ていうかそこしか工夫しようがない。

シナジー多いのでダメージ先行できれば強そうなので、フォワードを早めに展開したいところですが先出しして行けるフォワードが少なめなのが微妙w
バブズとかならどんどん先出ししていっていいかもです。

受けに回った時が怖いので助っ人枠に2コスバーサーカーを入れてみました。

マーシュとのシナジーが多いのもかなり気持良くなりたい度高め。

他色サーチのバックが多いので、雷を足しても面白そうです。

とりあえず以上!
スポンサーサイト

全国レポ

マスターズ千葉が近づいてきたので、これ処理しとかないとね。

ってことで全国レポです。

負けたんで適当です(


レシピ

50
セラ 2
アルド 3
シェルク 2
ヌージ 2
ジェネシス 1


レナ 1
バイキング 3
オルトロス 2
オルトロス 2
1コスアーシェ 2
アルティミシア 2

ジタン 2

マティウス 3
マティウス 3
キュクレイン 2

オヴェリア 3
ヤーグロッシュ 2
ユウナ 2
レン 1

シャマンド 3
曲芸士 3
モーグリ9組 1
ギルバート 1


こんなんだったはず。若干違うところあるかも。

コンセプトは一番強いデッキを目指す、です。
メタとか無視です!(チョコボだけはかなり意識していきましたが…)
で、オヴェリアとマティウスで楽に行こうと思った結果、水氷になりました。

火単 ○ 
ヘイストで殴られ続けて負けかけたけどマティウス→マバリア→マティウスでまくって勝ち

風単 ○
アルティミシア→覚醒→マティウスで殴りがち

水単 ○ ニコ生卓
アルティミシア→マバリア→マティウス

氷雷 ×
2T目ゴルベーザが生き残って負け

火氷 ×
師匠強すぎんよ~。5コスオルトロスでけっこう足掻けたんだけどねー

水雷ユウナティーダ ○
ティーダが3枚どっかいって勝ち

土単 ×
ヤンで負け


て感じで4-3.

チョコボを意識してヌージ多めだったのが失敗だった模様。
そこがジェネシスか5コスマティウスだったらだいぶましだった感じでした。


それと4回戦目のゴルベーザの対処を間違えたのも問題。
時間稼いで除去を探しに行くプランにしたんですが、素直に殴り合うべきでした。
それでも不利だけどそっちの方がワンチャンあるので。
光ジタンある分マティウスアルドの打ちあいは有利ですし。

とまぁそんな感じ



最後におまけ:

MASTERS千葉参加するなら持ってったつもりのデッキ

風雷テュポーン
8弾ジタン 3
ロック 2
オニオンイミテ 1

忍者 3
戦士 3
1コスサイファー 3
アルシド 3
サイス 2

ガルデス 3

ドラゴン 1
テュポーン 3

オデン 3
PRオデン 2
アスラ 2

導師 3
シドヘイズ 3
シーフ 2

シーモア 2
からくり士 3
シドクレイマー 3

関東エリア予選

お久しぶりです。
今回はMASTERS記事はお休みして、そもそももう書くかわかんないけど

関東エリア予選のレポになります


では早速、今回使ったデッキをご紹介

火氷

23 フォワード

3 パロム
2 クラウド
3 フリオニール

2 セラ
3 アルド
1 クジャ
3 マキナ
2 スコール
2 ラグナ

1 ハイン
1 PRカイアス


9 召喚獣

3 バハムート

3 リッチ
3 神マティウス


18 バックアップ

2 アジドマルジド
1 ライオン
2 カリヤシバル
1 ムツキ
1 カルラ
1 ビビ


3 モーグリ9組
1 クーチャスペル
3 曲芸士
2 ドネッド
1 吟遊詩人




火氷ですね。
火水を意識して8000↑が多めの構築になってます。

今回ここに行きつくまでいろいろと試行錯誤したのですが、その経緯について簡単に説明すると

水氷を(そーすいさん任せで)調整

氷雷が各地で結果を残す

「これは水氷来てるな…!」

東海予選で火水祭り

\(^o^)/


ということで(火の相手が死ぬほどきつい)水氷を諦めることに。

そんな感じで何を使おうか困っていた時にちょうどててて師匠の火氷を触らせてもらう機会があり、
それがめちゃくちゃ楽しかったので火氷を選択することにしました。

なのでかなりててて師匠の火氷に影響を受けてます。



一応メタゲーム的な事にも触れておくと、前評判では火水と氷雷の2強が中心で、次いで火氷という感じでした。

個人的には、火水vs氷雷は火水有利だと思っていたので、火水が多数派になるかなと予想し、火水を意識した構築にしていきました。


そのせいでクレイマーを置いた氷雷相手は死ぬほどきつい構築になってしまいましたが、まあ自分の読みを信じて行こうということで放置。

まあクレイマー置かれなければ除去が間に合うandこっちの方がアドとるカードが多い分、有利なので一生懸命お祈りをするということで対処ということにw




そんなこんなで本戦を迎えた訳ですが、


1回戦 氷雷 ○

2回戦 氷雷 ○

3回戦 火水 ○

4回戦 氷雷 ○

5回戦 氷雷 ○
ニコ生卓。詳細はタイムシフトへ。
勝因はEXバハムートとアルド引いたタイミングが神がかりだったこと

6回戦 水氷 ○

7回戦 氷雷 ○
ニコ生卓。書きたいこと多すぎてあえてスルー(
最後のパロムはランデル忘れてました(


とまぁ氷雷祭りでしたがなんとか全勝してきました。

会場の5割以上が氷雷だったと思います。いくらなんでも予想外w

そんな中でクレイマースタートされた試合が皆無だったのが僥倖でした。
打点先行された試合もEXバハがめくれたりと、全体的にかなり運に助けられましたね。


一応、反省点としては氷雷が多いのを予想してたらクジャ→クイーンでもよかったというのと、PRクラウドはSアビ狙いで3積みでも良かったですね。
バックアップのチョイスは悪くなかったと思いますが(ドネッド一度も起動しなかったけどw)、
火が薄すぎて困る盤面があったので吟遊詩人→モーグリ1組当たりでも良かったかも。


とまあそういった感じでした

C,UC構築

いわゆる特殊構築ってやつでFFTCGを遊んでみましょう、というのが今回の記事の話題です。

特殊構築って言うのは簡単に言えば、デッキ構築の際にあるルールを守ってデッキを作りましょう、という感じです。

今回取り上げるルールは至極簡単で、「CとUのカードだけでデッキを構築する」だけです。
もちろん、プールは狭くなりますが、十分強いギミックやカードが残っているのでけっこー楽しめます。

例えば、火水とか土単は結構強いです。
ユウナからキュクレインとバハムート打ったりとか、グラビトンおいてゴーレム構えたりとかかなりそれっぽい動きが出来たりします。


そして何よりこのルールが優れている点は、デッキを組むのに安値で済むこと!

特に初心者の方とかは、このルールで遊んでみてから本格的に始めてみると良いかもです。



ただ、このルールのままだと問題点があって、光と闇のカードが使えないんですよね。
なので、その辺なんか良い案は無いかと模索中です。


参考までに、僕が組んだ土単のレシピはこんな感じです。


フォワード 23
ヴァニラ 3
ニンブス 3
クンミ 3
イングズ 2
4コスヤン 3
2コスヤン 2
アーシェラ 3
陰陽士 1
カトルバシュタール 3

召喚獣 12
ゴーレム 3
ヘカトンケイル 3
ヘカトンケイル 3
アトモス 3


15
グラビトン 3
ギップル 2
モンク 3
黒魔導師 2
ムスタディオ 1
幻術士 3
エーコ 1

割と強そうに見えたり見えなかったり。

皆さんもぜひ、普段とは違う環境で遊んでみてはいかがでしょう。

MASTERS反省会 -NAGOYA編-

MASTERS反省会第3弾!


今回はMASTERS名古屋です。


いわゆる遠征ってやつですね。

それくらい権利が欲しかったんです(迫真




というわけで早速ですが使用デッキ紹介。

今回は環境読みは後回しです。



水土モンスター&ライトニング


フォワード 11

2 Rライトニング
1 PRライトニング
3 Uライトニング
3 光ライトニング

2 リルム

モンスター 8

3 バンガ
3 モルボル
2 グリーンドラゴン

バックアップ 18

3 Uユウナ
1 レン
1 魔界幻士
3 モーグリⅪ
3 幽玄の道化
3 シャントット
1 エーコ
3 アモダ


召喚獣 13

3 ファムフリート
3 ヘカトンケイル
3 アトモス
3 アルテマ
1 キュクレイン


アルテマデッキです(キリッ

いわゆる地雷とか電波とかネタとかそういう類のデッキです。
デッキタイプ自体は5弾当初からあるものでしたが、6段で黒騎士を使ってみたくなったので組んでみたところ、予想外に面白くて使い続けてたらこんな形になりました。


デッキ相性についてですが、最初はライトニングとモンスターのおかげで氷に強い!とか思ってましたが、
対氷は死ぬほど相性悪いです。火氷とかどうやっても勝てませんでした。

逆に土単相手は(相手がフェンリルさえ積んでいなくてEXバーストでプリッシュがめくれなければ)、かなり有利です。

一応、メタゲーム的な観点からは火氷メタの土が多いという読み(願望)があったので、悪くないかなーっとも思っていました。


ようするにやりたいことやってきました。




とまぁ、デッキ選択に関しては環境を無視してた面もあったので、環境読みとかおまけ程度にしかしてなかったのですが、

当時考えてたことを記していかないとこのレポを書いている大義名分が無くなってしまうのでw、
メタゲームを僕なりに分析したものを書くだけ書いていきます


tier1 火氷
tier2 土単、水雷

火氷が結果を残し、トップメタとして確固たる地位を得てから初めての大会、といったふうな認識。


…で、こっからメタゲームがどう動くかの予想ですが、

この火氷に対してどう対策するか?っていう命題に対して、
土単がわかりやすく解答になりうると考え、名古屋では土単が多いと読みました。

また、火氷側も同系と土単対策に意識を割かれていると思い、デッキパワーや汎用性といったものが落ちた形になる≒メタ外のデッキをぶつけやすくなっている?とかいう展開にも期待してました。


個人的には火氷が同系メタにうつつを抜かし、シャマンドを減らしている読みで、
開き直った構成の風単が熱いと思っていたのですが、調整の時間も使う勇気も足りなかったので断念


一応、そういった感じの読みもあったので、土単に強いローグデッキを使うなら今しかないってことで踏み切りましたw



結果は下の通り


1戦目 風単ミネルヴァ ○

アルテマが刺さるよねってことで、序盤にクロック先行して4点ほど刻む→アルテマ引くまで粘る→アルテマうって殴るで勝ち


2戦目 氷雷カムラナート ×
1T目マキナにシャントット。
この時点でテンポめっちゃ崩された上にミュートからシドランデル出てきてgg


3戦目 土単 ○
アルテマよいつー

4戦目 土単 ○
アルテマウェーイ

5戦目 火氷 ×
単騎で攻めるデッキゆえに赤魔道士がきついんですよね(
ほとんど何もできんかった

6戦目 火土 ○
アルテマウェーイ

7戦目 土氷エルドナーシュ ○
アルテマウェーイしようとしたらエルドナーシュ出てきて、めっちゃ止まるも、ファムフリートたくさん引けた+バンガが除去されなかったため、
アルテマ→ファムフリート→バンガライトニング呼びます呼びます、とかで打点通して勝ち


ってことで5-2で17位でした。

土には強かったですね。知ってた(


メタゲーム的にはベスト4に土単3人と一見読み通りに見えますが、
ベスト8には火氷が3人かつ、会場にも少なくない人数がいたようにみえました。

トップメタを切るのは現実的なデッキ選択ではなかったですね。


とまぁそんなこんなで初の遠征は予選落ちでしたが、
名古屋城に突撃したり、普段あまり直接お会いできない人たちとも遊べたりと遠征自体には満足でした。


次こそは是非、名古屋の地に名を刻みたいところです。


かっこよく締めたところで、次回はMASTERS横浜編です。
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

鳥トークン

Author:鳥トークン
twitter @ludo_44b

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。